SEOのキーワード選び

昨日の続きです。
何故既存の会社を狙わずに、新設法人いわゆる起業したばかりの会社にターゲットを絞ったかといいますと、すでに設立して何年・何十年たっている会社ではほとんど社会保険労務士が付いているだろう!という認識です。

仮にその会社をターゲットにした時、SEOのキーワードは何にするか?

普通で考えるなら「名古屋 社会保険労務士」ですよね。

ある意味押さえておかなければいけないキーワードです。

そこで作戦会議が始まったのです。

一体どれくらいのアクセスが見込めるのか?!

本当に新規のお客がとれるのか?

これがすでに社会保険労務士として何年・何十年もやられている社会保険労務士の先生ならこのキーワードでもいけるでしょう!

しかしこれから開業する先生です。

予算があれば2つ制作するのを強烈にお勧めしますが今回は予算の関係上一つです。

ならより効果的なキーワード選びにならざるおえません。





浮上してきたのが、「会社設立」です。

このキーワードは私が税理士・会計士さんは絶対に抑えておかなければならないといつも話しているキーワードです!

が、何もこのキーワード社労士の方が使っても十分にヒットするのです。

ただ問題も当然出てきました。

税理士・会計士の方は税理士の顧問契約に絡めることが出来ますが、社労士の方がはたして顧問契約がそんな簡単に獲れるのだろうか?

労務相談・就業規則・給与計算・助成金・・・

う〜ん・・・

まずはここで行きずまりました。






そもそも「会社設立」にしたのは、とりあえず新規のお客様とコンタクトをとる方法を考えよう!
から始まりました。

設立に関してはどうにでもなりますので。

つまり会社設立を社労士の方が窓口になれば、本業である労務相談・就業規則・給与計算・助成金当をプレゼンすることが出来ますよね!

ないもないと事からプレゼンするよりしっかりパイプがあってそこから入れ込むのでは全然違いますよね。





あとはとにもかくにも現金をどうやって集めるか!


頭を悩ませなんとか方法を見つけ、社労士の方に「こんな方法があるのですがいかがですか?」と話したら二つ返事でのってきました。

完成にはまだもう少し時間がかかります。

実際アップしても一つのサイトは普通の会社設立のサイトです。

しかしサイトでは見えないところで現金を収集する方法が出来あがっているのです。

もう一度書きますが、見た目・中身をいくらご覧になっても絶対にわかりません。



いくら上位表示されていても新規開拓が出来なければ意味がありません。

*弊社には「新設法人情報」があります。
2人の社会保険労務士の先生には半年分くらい無料でデータを提供します。
SEOとダイレクトメールの両方で新規獲得に励みます!

弊社にはこの効果のあるダイレクトメール制作のノウハウがありますので!