会計士の新規開拓

一般的に会計士・税理士の方々はどうやって営業をしているのでしょう?
関与先からの紹介もしくは銀行からの紹介・・・
一昔前までは税理士法で営業が一切出来ない!という変な法律があって営業がしたくても出来なかったのですが今は違いますよね。
営業攻勢をかける事務所は徹底的に攻めています。
しかし中には「あまり営業をすると同業者から何か言われるから・・・」というフレーズをたまに聞くのも事実です。
その話を聞くたびに私の頭の中には「でもこんな時代。仕事がない。売り上げが落ちてくる。関与先からの顧問料が貰えない。最悪の倒産!会計事務所も閉鎖・・・」
仲間の事を思う気持ちはわかりますが、やはり営業をかけていかないと誰も助けてくれませんよね。

実は今日ある会計士の先生から「ホームページ」と「新設法人情報」の件でお電話をいただき1時間くらい電話で話していたんです。その時に出たお話しです。

結論:自分の会社は自分で守りましょう!ガンガン営業をかけましょう!
紹介をずっと当てになんかしていますと最後にとんでもない痛い目にあいます。

ホームページから新規のお客様は獲れます!
弊社がそうですから!
ただ弊社でも無い知恵を振り絞って毎日あ〜でもない・こ〜でもない!と色々仕掛けを考えています。

よく書く同業他社との差別化!お金をかけれないなら考える事。
そして実行あるのみです。

社会保険労務士の先生にもどんな職種の方にもあてはまりますよね。
ただここで社会保険労務士と書いたのには訳があります。

読んでくれてるかな〜あの先生。

ホームページ制作:ホームページ作成のテイクオフ:一宮市

下がった順位

弊社関連サイトはサイトは下がってもあまり気にはしませんがお客様のはテンションが無茶苦茶下がります。
創業融資」のサイトが1ぺーじから2ページに下がっていました・・・
さきほどご連絡頂き気が付きました。
アクセス解析でアクセス数をチェックしたところ70件ほどいつもより下がっておりました・・・
ビジネスツールとしてはこれは致命傷ですね。
ちょっと弊社がなんとかしてみます。
ホームページ制作:ホームページ作成のテイクオフ:一宮市