SEOのキーワード選び

昨日の続きです。
何故既存の会社を狙わずに、新設法人いわゆる起業したばかりの会社にターゲットを絞ったかといいますと、すでに設立して何年・何十年たっている会社ではほとんど社会保険労務士が付いているだろう!という認識です。

仮にその会社をターゲットにした時、SEOのキーワードは何にするか?

普通で考えるなら「名古屋 社会保険労務士」ですよね。

ある意味押さえておかなければいけないキーワードです。

そこで作戦会議が始まったのです。

一体どれくらいのアクセスが見込めるのか?!

本当に新規のお客がとれるのか?

これがすでに社会保険労務士として何年・何十年もやられている社会保険労務士の先生ならこのキーワードでもいけるでしょう!

しかしこれから開業する先生です。

予算があれば2つ制作するのを強烈にお勧めしますが今回は予算の関係上一つです。

ならより効果的なキーワード選びにならざるおえません。





浮上してきたのが、「会社設立」です。

このキーワードは私が税理士・会計士さんは絶対に抑えておかなければならないといつも話しているキーワードです!

が、何もこのキーワード社労士の方が使っても十分にヒットするのです。

ただ問題も当然出てきました。

税理士・会計士の方は税理士の顧問契約に絡めることが出来ますが、社労士の方がはたして顧問契約がそんな簡単に獲れるのだろうか?

労務相談・就業規則・給与計算・助成金・・・

う〜ん・・・

まずはここで行きずまりました。






そもそも「会社設立」にしたのは、とりあえず新規のお客様とコンタクトをとる方法を考えよう!
から始まりました。

設立に関してはどうにでもなりますので。

つまり会社設立を社労士の方が窓口になれば、本業である労務相談・就業規則・給与計算・助成金当をプレゼンすることが出来ますよね!

ないもないと事からプレゼンするよりしっかりパイプがあってそこから入れ込むのでは全然違いますよね。





あとはとにもかくにも現金をどうやって集めるか!


頭を悩ませなんとか方法を見つけ、社労士の方に「こんな方法があるのですがいかがですか?」と話したら二つ返事でのってきました。

完成にはまだもう少し時間がかかります。

実際アップしても一つのサイトは普通の会社設立のサイトです。

しかしサイトでは見えないところで現金を収集する方法が出来あがっているのです。

もう一度書きますが、見た目・中身をいくらご覧になっても絶対にわかりません。



いくら上位表示されていても新規開拓が出来なければ意味がありません。

*弊社には「新設法人情報」があります。
2人の社会保険労務士の先生には半年分くらい無料でデータを提供します。
SEOとダイレクトメールの両方で新規獲得に励みます!

弊社にはこの効果のあるダイレクトメール制作のノウハウがありますので!

社労士の新規開拓

独自性・他社とは違ったホームページ・・・大事な事ですよね。
でももっと大事な事。それは新規のお客様を獲得出来なければ意味がない!という事です。

ずっと昨日から考えていました・・・が、やっと方向性がはっきりしました!
社労士の先生にも了承していただけました。

「いかにして新規開拓するのか?」
社会保険労務士の新規開拓は税理士の新規開拓とは違います。
(違うと思っていました。)

これだけ考えたのは正直初めてです。

これからは社労士1本でやっていくわけですので、どうやって現金を稼ぐのか?
ならばその現金はどうやって?

就業規則を売りにして新規開拓が出来るのか?
社会保険加入なら飛びついてくるのか?

答えはノーですね。

そこで私が社労士ならどうするか!で考えました。





原稿がまだ来ませんのでもうしばらくお待ちください。

多分これから開業される社労士の方にとって結構なヒント・方向性がみえてくるサイトになるんじゃないかな〜と。

別に全く新しい事をしたわけではありません。
他にもこんなサイトは既に多数あります!

でも私はそこからもう少しひねったつもりです。

社労士のホームページ制作

本日正式に社会保険労務士の方のサイト依頼が決定しました!
早速デザイン作業に取り掛かっております。

う〜ん、頭で考えていたのと実際に作業するのではどうしてもなんか少し違和感が出てきますね。


昨日「税理士の新規開拓」で同業他社との差別化の記事を書きましたが、10社の税理士・会計士の方々からお問い合わせをいただきました。

「差別化は必要ですか?」「私には他の人のように自慢出来るものが何もないんです」「私はもう若くはありません。見た目も本当に老けていて・・・」などなど・・・

でも絶対にあるんです!!!!

皆さん気が付いていないだけなんですね。




とここまでえらそうに書いてしまいましたので、この社労士のサイトは気合いが相当入っています!

まずは見た目は「こんな社労士のサイト見たことがない!」。
はい、インパクト重視です。
そしてわかりやすさ・見やすさも考えて!



う〜ん・・・でも今考えたキャッチコピーよりインパクトがあるのはないか〜・・・
短くてわかりやすいもの。


あ〜どうやったら新規のお客様をつかまえれるのか?
「会社設立」「給与計算」「就業規則」

う〜ん・・・知り合いの税理士に相談しよう!!!





他にやる作業は山積でしたが、今日はこのまま概要を煮詰めて行こうと思います。

会計士からのお問い合わせ

SEO対策のお問い合わせです。
最近特に多いです。1日に10件はありますので今一度記載します。

いくら大金を支払ったホームページでもSEO対策が施してなければ意味がありません。
普通ホームページには「キーワード」どというものがあります。
このキーワードがポイントです。
例えば名古屋市で会計士を探している方がみえるとします。
その際「ヤフー」「グーグル」で検索する場合真っ先に浮かぶのが「名古屋市 会計士」です。
検索するとズラ〜ッと出てきますね。
さてここで問題です。貴方は何ページまで探されますか?
5ページですか?10ページですか?
やはり1ページにあった方が目につきますよね?!

そうなんです。SEOとは、狙ったキーワードを上位に引っ張り上げる技術なんです。

これによりアクセス数の増加しいては新規開拓の増加に繋がるわけです。

当事務所ではホームページをまだお持ちでない方、またはすでに持っているけど全然新規開拓が出来ない・・・SEO対策が施されていない・・・

そんな関与先様のために安くてかっちりSEO対策付きのホームページを制作いたします。

お気軽にお問い合わせください。

追伸:これからの会計士さんもホームページ制作に携わって行った方が絶対にいいでしょうね。
これだけ不景気が続くと倒産とか顧問料金が払う事が出来ない・・・

税金・経理のみでなくプラスアルファの同業他社にはないスキル・魅力を持つ事がこれからは必要になってくるんでしょうね。 ホームページ制作名古屋

新規受注する税理士

本日名古屋の中西税理士から「今年になってから問い合わせが急激に増えて新規のお客がたくさんとれたよ!」と。
「今年って?まだ何日もたっていないのでは・・・?」

やはり嬉しいですね〜この手の報告は!
不景気と言ってもそれがある意味追い風?になり独立・開業する方も増えてきていますね。

一度しかない人生・倒産・ボーナスカット・子会社出向・・・怯えて生きていくなら自分で人生切り開いて生きていきたい!
最近お会いした士業の方の台詞です。

1月12日現在「会社設立 名古屋」が3位です。3位でこれなら1位の弊社顧問税理士の村山由美子税理士のところはもっといいのかな?そう思い電話しましたが留守電に切り替わってしまいました。後日報告したいと思います。

中西先生にはもちろん今年一発目のSEOのいい話も忘れてはおりません。

是非頑張ってくださいね。


SEO以外の話を少しします。

いくら上位表示しても新規開拓が出来ない税理士・会計士の方を私は多数しっております。
その原因はなんだと思いますか?

完全なマスターベーションなサイトつくり!です。

専門用語の羅列・わかりずらいレイアウト・いまだにこんな高い顧問料金を掲載しているのですか?!などなどきりがありませんね。

実際私がどれだけお話しても変更されなかった税理士・会計士の方が過去にみえました。

しかしそんな理想は半年ももちませんでしたが・・・

税理士の方こそしっかり時代を読んで下さい。でないと関与先がかわいそうですよね。