社会保険労務士へのコンサルティング

今日は一宮の社労士の方とホームページの打ち合わせでした。というより今後いかにして新規のお客様をつかまえるのか?!の話でした。

問題点を洗い出しました。

1・社労士の方の仕事内容はなかなか一般の方にはわかりずらいものが多く、ほとんどの社労士の方のホームページは専門用語の羅列がほとんど。

2・どうやって毎月のレギュラーを増やすのか?!(顧問契約ですね)

3・料金体系の見直し。他の社労士の方の料金体系に合わせる必要はない!

書いてしまえばこの3つですが、この3点で徹底的に話し合いました。

話していて感じた事は、「一般の方の目線になっていない!」ことですね。
来年も続くであろうこの経済状況で同業他社と同じことをやっていて新規の仕事が本当にとれると思っているのか?!

虎タヌ計算をする気持ちも理解できますが、まずそれは通じないでしょう!

どこの業種も毎月のレギュラーは喉から手が出るくらい欲しいですよね。

税理士の方が顧問契約に必死になってやっているのを間近で見ている私には本当によくわかります。
税理士の方の新規開拓の1つが「会社設立」から顧問契約に結ぶ手段です!
もうこれが今や税理士・会計士の常套手段になっている!と言っても過言ではないでしょう!
(しかしこの方法に気づいていない税理士・会計士の方が多いのも事実ですが・・・)

社労士の新規開拓・・・顧問契約獲得は絶対条件です!
あきらめたらそこでおしまいです!
実際やってみなければわかりませんが、とりあえず方向性は決まりましたし、具体的の方法も見つけました!

今日の社労士の先生、根性ありますし、人間的にも立派ですから徹底的に弊社はバックアップします!!!